スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い夏こそ漫画ナツ100@2008-コメント付編前半。

というわけで、漫画ナツ100のコメント付版です。
一部、コメントの付いてないものもありますが、そこはご愛敬。余裕があれば、後日追加していきます。

(追記/8月24日)
コメントをいくつか追記したら、再構築できなくなったので、前半後半に分けることにしました。
後半の記事は以下になります。

□暑い夏こそ漫画ナツ100@2008-コメント付編後半。
1.
ハコイリ
ハコイリ
/Cuvie、ヤングチャンピオン烈コミックス
Cuvieさんのエロ漫画はどれも大好きなんですが、今回は一応18歳以下でも買えるものを選んでみましたw
今ヤンチャン烈で描かれている作品も妄想心を非常にくすぐられる内容になっており、単行本発売が待ち遠しいです。

2.
DearS
DearS
PEACH-PIT、電撃コミックス
『ローゼンメイデン』と迷いましたが、終わり方としてはこちらの方が良かったかな。
・・・と言いつつ、結構忘れていますけど。そのうち読み直したいですね。

3.
眼鏡なカノジョ
眼鏡なカノジョ
TOBI、フレックスコミックス
個人的には眼鏡属性ないと思っていたんですが、これ読んでいると有りかなと思ってしまいます。
眼鏡にまつわるラブコメが描かれた珠玉の短編集ですね。

4.
あずまんが大王
あずまんが大王
あずまきよひこ、電撃コミックス
今の萌え四コマブームを作ったきっかけであり、あずまきよひこさんの出世作。
そこそこ多い登場人物ながらも、全員キャラが立っており、本当に面白い作品でした。

5.
かの人や月
かの人や月
/いくえみ綾、マーガレットコミックス
家族をテーマにしたハートフルストーリーだったかな、確か。
雰囲気的には、今の『君に届け』なんかに近いかなと思います。あれほど恋愛面は強くなかったけど。

6.
ヨイコノミライ 完全版
ヨイコノミライ 完全版
きづきあきら、イッキコミックス
オタクの実態をマザマザと見せつけた作品というべきでしょうか。正直、読んでいて辛いことも。
きづきあきら作品の代表作にふさわしい出来となっていたかと。

7.
バジリスク~甲賀忍法帖~
バジリスク~甲賀忍法帖~
せがわまさき+山田風太郎
完結してから初めて読んだ作品ですが、連載当時の人気に間違いのなかった作品ですね。
キャラの名前はもういろいろと忘れてしまっていますが、名作に相応しい作品です。

8.
FLIP-FLAP
FLIP-FLAP
/とよ田みのる、アフタヌーンKC
ピンボールという日本ではマイナーなゲームをネタにした作品。
独特な絵柄ながら、山田さんのしょぼーんとする姿が妙にツボで可愛らしかったです。

9.
真空融接
真空融接
びっけ、B's-LOVEYコミックス
軽めのBL作品になるのかな、これは。特殊な設定を活かした素晴らしい作品でした。
個人的には、下巻の両親の話が好きだったかなぁ。こういう過去話っていいわぁ。

10.
アオハルッ!
アオハルッ!
みもり、プリンセスコミックス
アオハルの名にふさわしい青春を描いた作品でした。初々しくて、面白かったです。
みもりさんが描いたひぐらし漫画もピカイチの出来でしたし、いい作家さんです。

11.
夢のアトサキ
夢のアトサキ
/やまむらはじめ、YKコミックス
夢にもがく大学生の今を描いた作品で、やまむら作品らしくもあり異質でもあり・・・。
至って普通のラブストーリーでしたけど、これこそがやまむらさんの真骨頂という感じでしたね。

12.
リストランテ・パラディーゾ
リストランテ・パラディーゾ
オノ・ナツメ、f×COMICS
老紳士って何でこんな素敵なんだろうと、男でも思わざるを得ない作品。
こういうのは日本では(普通は)あり得ない風景だけに、憧れが伴うものなのかな。

13.
夕日ロマンス
夕日ロマンス
/カトウハルアキ、フレックスコミックス
変態姉萌え。まさにこの一言に限る作品でした。
今は『ヒャッコ!』でブレイク中のカトウさんですが、今後ますます期待です。

14.
九月病
九月病
シギサワカヤ、ジェッツコミックス
兄と妹の不誠実な関係を描いた本作品。非常に退廃的な雰囲気を醸し出しておりました。
ただ、こういう雰囲気の作品って大好きなので、今後の活躍にもホント期待ですね。今月2冊新刊出ますし。

15.
エオマイア
エオマイア
/タカハシマコ、アクションコミックス
コミックハイ本誌で最初の頃読んでいたんですが、単行本出るまで長かった気がします。
まぁ中々に怖い作品でしたね。後半は正直失速した感じも否めませんでしたが。

16.
みかん・絵日記
みかん・絵日記
安孫子三和、白泉社文庫
子供の頃、姉貴が集めていたのを読んでいた記憶があります。懐かしくて文庫版を自分で。
思えば、犬は飼ったことあるのに猫はないなー。持っている漫画は猫漫画の方が多いのに。

17.
しおんの王
しおんの王
安藤慈朗+かとりまさる、アフタヌーンKC
将棋とサスペンスを合わせた作品。最終巻に入るまで、本当に犯人が分からなかったですよ。。
まぁ思っていたのとは異なる展開ではありましたが、女装少年がいたのでそれだけで。(ちょ

18.
監督不行届
監督不行届
安野モヨコ、FEELコミックス
庵野秀明監督(=カントクくん)を夫婦生活をネタに描いたエッセイコミックス。
もうカントクくんがアホの子すぎて、大爆笑でしたよ。確か。(ぇ

19.
ハチミツとクローバー
ハチミツとクローバー
羽海野チカ、クイーンズコミックス
最後こそ賛否両論となりましたが、面白いラブストーリーだったことは間違いないわけで。
こういう話を読むと、ホント自分の学生生活が勿体なかったと思いますね。

20.
かわいいあなた
かわいいあなた
乙ひより、百合姫コミックス
珠玉の百合短編集。百合好き人間にとっては本当にたまらない1冊。
乙ひよりさんはこれが初コミックスということでしたが、2冊目、3冊目にも期待ですね。

21.
エム×ゼロ
エム×ゼロ
/叶恭弘、ジャンプコミックス
残念ながら打ち切りとなってしまった叶恭弘さんの魔法ファンタジー作品。
面白い作品だっただけに最後の展開は勿体なかったかなぁと。もう少しラブコメしてほしかった。

22.
年上ノ彼女
年上ノ彼女
甘詰留太、ジェッツコミックス
どう見ても年下にしか見えない年上の彼女との同棲ラブストーリー。
もう、心底主人公が羨ましくて仕方なかったですね。見た目はアレでも、やはり年上ってのは強いなぁ。

23.
地球美紗樹
地球美紗樹
/岩原裕二、角川コミックスA
『いばらの王』でも知られる岩原裕二さんの作品。
どちらにしようか迷ったんですが、こちらの方が最後まですっきりしていたかなぁと。ショタ萌えです(ぁ

24.
恋風
恋風
/吉田基已、アフタヌーンKC
長い間離れた暮らしていた兄と妹の禁断の愛を描いた作品。衝撃的でした。
まぁ子供の頃を一緒に暮らしてこなかったので実感はないだろうけど、いろいろと重い作品でしたね。

25.
Honey
Honey
/橘裕、花とゆめコミックス
養護教諭の女性と、男子生徒が織り成すラブストーリー。これも年上には見えなかったな。
まぁ様々な問題が作中で起こっていましたが、最後は収まるところに収まり、よい結末でした。

26.
東京赤ずきん
東京赤ずきん
玉置勉強、バーズコミックス
一言で言うなら、グロエロ作品でしたかね。
赤ずきんの正体が明かされていく展開は本当に意外だった気がします。軽く覚えてないけど。(ぇ

27.
時をかける少女 TOKIKAKE
時をかける少女 TOKIKAKE
/琴音らんまる+筒井康隆、角川コミックスA
アニメ映画『時をかける少女』の漫画版。
これが結構出来がよくて面白かったです。その前に出た原作版は・・・。(何?

28.
マーメイドライン
マーメイドライン
/金田一蓮十郎、百合姫コミックス
『ハレグゥ』『ニコイチ』で知られる金田一蓮十郎さんの初百合短編集。
百合作品としての新境地というか、他では見られないものが見れた1作でした。

29.
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~
桂遊生丸+あかほりさとる、電撃コミックス
一風変わった少女たちのラブストーリー。私が桂遊生丸ファンになった作品でもあります。
性転換で百合という非常にツボに入った作品で、本当に大好きでした。

30.
木漏れ日の並木道
木漏れ日の並木道
結城みつるF&C・FC01、電撃コミックスEX
エロゲ原作のコミカライズ作品。原画家と同じ人が漫画も描いたという珍しい作品でしたね。
原作の方はどんなものだったか知りませんが、漫画の方はかなりの良作でした。絵もお気に入り。

31.
ラバーズ7
ラバーズ7
/犬上すくね、サンデーGXコミックス
犬上すくねさんも様々な作品を描かれてきたので、どれを選ぶか迷ったところです。
短編集なども傑作ばかりでオススメですが、長編としてはこれが初めて完結した作品なのかな。

32.
少女セクト
少女セクト
玄鉄絢、メガストアコミックス
唯一の成年系からの登場ですが、一応マークはなしなので。。
まぁエロ系の百合作品では最高傑作なんじゃないですかね。本当に素敵な百合でした。

33.
最後の制服
最後の制服
袴田めら、まんがタイムきららコミックス
こちらも百合作品。複数の百合娘たちが登場してきて、楽しい学園百合でしたね。
袴田めらさんは百合作品ばかり描かれる方なので、これからももっと期待していきたいですね。

34.
プラネテス
プラネテス
/幸村誠、モーニングKC
近未来SF漫画の傑作。『MOONLIGHT MILE』『ふたつのスピカ』と並んで評されることが多かったかと。
かなり熱い作品で、短いながらも本当に最後まで楽しませていただきました。

35.
鉄腕ガール
鉄腕ガール
高橋ツトム、モーニングKC
高橋ツトムさんが描いた昭和のソフトボール漫画。考えてみれば、スポーツ作品ってこれだけなのか。
この方の描く女性は本当に格好良くて、本当に最後まで楽しかったです。

36.
高橋留美子 人魚シリーズ
高橋留美子 人魚シリーズ
/高橋留美子、少年サンデーコミックススペシャル
高橋留美子さんの名作から1つ。人魚シリーズはTVアニメ化された際に、新装版が3冊刊行されたので。
もう10年以上続きが描かれていなく、このまま終わりなのかもしれませんが、出来れば結末を期待したいところ。。

37.
バス走る。
バス走る。
佐原ミズ、バンチコミックスエクストラ
『マイガール』で知られる佐原ミズさんの短編集。
バス停で起こった風景を描いた短編などが収録されていましたが、本当にどれも面白かったです。最高。

38.
ブラッドハーレーの馬車
ブラッドハーレーの馬車
/沙村広明、f×COMICS
沙村広明さんの全てが解放された作品というべきか。はっきりって、残酷描写は本当に酷いです。
だからこその面白さがあるのですが、誰にでもお勧めできる作品ではないですかね。。

39.
やまとの羽根
やまとの羽根
/咲香里、アッパーズKC
『スマッシュ!』にも登場している大和の中学生時代を描いた作品。
アッパーズ休刊の影響で完結してしまった作品ですが、バドに対する愛は満ちあふれていました。

40.
今日の5の2
今日の5の2
/桜場コハル、ヤンマガKC

41.
委員長お手をどうぞ
委員長お手をどうぞ
山名沢湖、アクションコミックス

42.
敷居の住人
敷居の住人
/志村貴子、ビームコミックス
私が志村貴子さんを初めて知った作品。
詳しくは覚えていないんですが、今よりは何となく粗かった印象があるかなぁ。

43.
妹は思春期
妹は思春期
/氏家ト全、ヤンマガKC

44.
ちびとぼく
ちびとぼく
私屋カヲル、バンブーコミックス
私屋カヲルさんの猫四コマ作品。
猫漫画読んでいると、本当に猫が飼いたくなって困りますw

45.
Canvas2~虹色のスケッチ~
Canvas2~虹色のスケッチ~
児玉樹F&C・FC01、角川コミックスA
原作、アニメと正直そんなに話題にならなかった作品が、コミカライズで飛び抜けましたね。
もう本当に児玉樹さんの描くラブコメが好きすぎて仕方ないです。児玉樹さん大好きです。

46.
家政婦が黙殺
家政婦が黙殺
篠房六郎、カラフルコミックスキッズ
変態の名に相応しい一冊。ホント、ここまで飛び抜けた篠房六郎作品は他にないですよ。
この前、久々に読み返してきましたが、酷すぎて爆笑しましたwww

47.
二十面相の娘
二十面相の娘
小原愼司、MFコミックス

48.
死刑囚042
死刑囚042
小手川ゆあ、ヤングジャンプコミックス
死刑囚となった男042が、一時的に外に出て強制ボランティアに精を出すという作品。
042が触れる世界が描かれ、ヒューマンドラマが本当に素晴らしくて、面白かったです。

49.
エマ
エマ
/森薫、ビームコミックス
階級格差が酷かった時代のメイドと貴族の恋物語。
最後まで本当にどうなるかと思われた作品でしたが、見事な結末で素晴らしいの一言。

50.
楽園の条件
楽園の条件
森島明子、百合姫コミックス
これまでに読んだことのある百合作品としては、結構年齢高めの作品だったように思えます。
百合姫作家の短編集は本当に素晴らしいものが多いのですが、これもトップレベルの出来でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

こすけ

Author:こすけ
漫画読み。あとはプロデューサーで、ラブライバーで、たまに提督だったり。

Twitterはこちら

カレンダー(月別)
04 ≪│2018/05│≫ 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグクラウド
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Free Space
カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
オススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。