スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年私的オススメ的なアレ・番外編。

先程の更新では一般作品の漫画のみを選考対象にしていたので、番外編としてエロ漫画やラノベでのオススメをちょっとだけ紹介。
それぞれ5冊ずつで。ラノベは積みも多いので、選択肢少なかったですが。。



まずはエロ漫画から。


岡田コウ「チュー学生日記」
ジャンルとしてはロリですね。2冊目の単行本になるのかな?
まー、NTR展開もあったりして、エロ漫画としては結構楽しめました。あれは続きも読みたいかな。


藤ます「Sweet Lip」
帯に「超舌艶技」って煽り文句があったんですが、まさにその通りな作品でしたね。
フェラの描写が濃厚ですごくエロかったです。今後の作品にも超期待。


桜小鉄「メイプルシロップ」
「アマガミ」のコミカライズも担当している桜小鉄さんの初成年コミックス。
想像以上にエロくて、作画が好みでした。是非、成年誌での活動も続けていって欲しいですね!


メメ50「ちょめちょめオトメ」
表紙買いした本作。ワニマガジンのエロ漫画はホント趣味に合うなー。
特に好みだったのは、生徒会長や家庭教師のお話かな。あれはいいねぇ。

Japanese Preteen Suite (TENMAコミックス LO)
Japanese Preteen Suite (TENMAコミックス LO)
posted with amazlet at 11.01.02
東山 翔
茜新社 (2010-03-26)

東山翔「Japanese Preteen Suite」
ロリなんですが、完全に"女"として目覚めた子を描いている感じですね。
やー、東山さんはホント上達したというか、すごい勢いで成長している印象。今後も楽しみ。
続いて、ラノベ。

[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)
野崎 まど
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 37756

野﨑まど「[映]アムリタ」
野﨑さんのデビュー作。多分、賛否両論ある作家さんだと思いますが、私はこれで惚れ込みました。
他の2冊にも共通していえることなのですが、軽い文体で思わぬ方向に落ちる展開が好みですね。

ケモノガリ 2 (ガガガ文庫)
東出 祐一郎
小学館 (2010-07-17)
売り上げランキング: 34182

東出祐一郎+品川宏樹「ケモノガリ」
激しく厨二病な物語なんですが、物語の疾走感が半端無く面白い作品ですね。
1作目も面白かったんですが、昨年発売された2作目も期待以上に楽しめました。更なる続刊にも期待。

とある飛空士への恋歌 4 (ガガガ文庫)
犬村 小六
小学館 (2010-08-18)
売り上げランキング: 3838

犬村小六+森沢晴行「とある飛空士への恋歌」
つい最近まで「恋歌」と書いて"こいうた"ではなく"れんか"と呼ぶのだと思ってました(笑
戦争に突入してからの展開が面白い事この上ない。カルエルとクレアがどうなるのか、最後が非常に楽しみ。

ゴールデンタイム〈1〉春にしてブラックアウト (電撃文庫)
竹宮 ゆゆこ
アスキーメディアワークス
売り上げランキング: 15840

竹宮ゆゆこ+駒都えーじ「ゴールデンタイム」
「とらドラ」等で知られる竹宮ゆゆこさんの最新作。待望の新作だったのですが、読後の感想はさすがの一言。
まだまだわからないことは多いので、この先どんなラブコメになるのか楽しみで仕方ない。

バカが全裸でやってくる (メディアワークス文庫)
入間 人間
アスキーメディアワークス (2010-08-25)
売り上げランキング: 26444

入間人間「バカが全裸でやってくる」
2010年、ラノベで一番買ったのは入間人間作品かもしれません。毎月何かしら出してましたからね。
その中で、あえてこれを選んでみました。バカという名に相応しく、なるほどと思わせるオチで面白かった。
スポンサーサイト

2010年私的オススメ的なアレ。

一応、マンガ感想系サイトらしく、2010年に発売された作品から20タイトルを選出してみようかなと思い立って更新。
かなりやっつけ仕事なので、熟考した上での結果ではないですが。。
時間もかけるつもりがなかったので、20作品の中での順位も特には付けてません。紹介順に意味はないです。




武富智「EVIL HEART 完結編」
ヤンジャンでの連載から数年、全編描き下ろしの上下巻でようやく完結。
綺麗に締めくくってくれて、非常に素晴らしい作品でした。

Girlish Sweetアタシノ彼女
竹宮 ジン
白泉社

竹宮ジン「Girlish Sweet アタシノ彼女」
竹宮ジンさんの初単行本ですね。当然、百合。
同人作品が非常に好きな方だったので、この活躍は嬉しい限り。今度にも期待。

タビと道づれ(6) (BLADE COMICS)
たなかのか
マッグガーデン

たなかのか「タビと道づれ」
完結したのって、去年だったんだなーという感じですね。
なかなかダークな面もありましたが、非常に面白い作品でした。

惑星のさみだれ 10 (ヤングキングコミックス)
水上 悟志
少年画報社 (2010-11-30)

水上悟志「惑星のさみだれ」
1巻発売当初から大好きだった作品が、大好きなまま完結して、素晴らしいの一言ですよ。
これは名作と呼ぶにふさわしい作品でした。みんなが主人公だったよ!!

鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)
荒川 弘
スクウェア・エニックス (2010-11-22)

荒川弘「鋼の錬金術師」
最初の出会いは、初期のアニメでしたね。アニメを見て、漫画にハマり、そしてとうとう完結。
まさに、No.1ダークファンタジーと呼ぶにふさわしい作品。素晴らしかった。

サマーウォーズ (3) (角川コミックス・エース 245-3)
杉基 イクラ
角川書店(角川グループパブリッシング)

杉基イクラ+細田守「サマーウォーズ」
劇場版アニメのコミカライズ作品でしたが、これは良いコミカライズでしたね。
ここまで丁寧に描かれるとは思っていなかったので、想像以上に良い買い物でした。

鬼灯さん家のアネキ (2) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-2)
五十嵐 藍
角川書店(角川グループパブリッシング)

五十嵐藍「鬼灯さんちのアネキ」
表紙買いした作品でしたが、これは非常に良い作品でした。
可愛いよアネキ可愛いよ。もっと弟をエロく挑発してくれ(*´Д`)

ディーふらぐ!③ (MFコミックス アライブシリーズ)
春野友矢
メディアファクトリー (2010-07-23)

春野友矢「ディーふらぐ」
船堀さんの独り勝ちでしたね。もう可愛いったら、ありゃしない。
あ、でも、高尾さんもいいね。おっぱい!おっぱい!


影崎由那「おにいちゃん★コントロール」
やー、果てしなく妹がド変態過ぎた。他の連中もな。
かなりやりたいようにやっている感じで、面白かった。今後の道の外しっぷりに期待(笑

はつきあい 1 (ガンガンコミックスJOKER)
カザマ アヤミ
スクウェア・エニックス (2010-08-21)

カザマアヤミ「はつきあい」
同人誌から始まった"初めてのお付き合い"オムニバスストーリー。
もう初々しくて可愛くて、赤面顔がたまらない作品に仕上がっていますね。2巻にも期待。

煩悩寺 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
秋★枝
メディアファクトリー (2010-08-23)

秋★枝「煩悩寺」
こちらもニヤニヤしっぱなしでたまらない1冊。「純真ミラクル100%」も良かったけど!!
これを読むと、「うちにもトイレを借りに来る女性が来ないかな?!」と妄想すること間違いない。(笑

ファムファタル~運命の女 3 (電撃コミックス)
シギサワ カヤ
アスキー・メディアワークス (2010-08-27)

シギサワカヤ「ファムファタル~運命の女~」
残念海老沢三姉妹の三女の物語。最後の最後まで悪女でしたね(笑
しかし、シギサワさんの描く女性のエロさは何なんでしょうね。好き過ぎて困る。


冬目景「イエスタデイをうたって」
2010年も無事単行本が発売されましたね。嬉しい限り。
そして、物語はようやく停滞の時期を抜け、新展開へ。ハルがこの先どう動くか気になるところ。

真月譚月姫 10 (電撃コミックス)
佐々木少年
アスキー・メディアワークス (2010-12-18)

佐々木少年+TYPE-MOON「真月譚 月姫」
連載開始より7年。見事な締めくくりで、無事完結しましたね。
実はゲーム未プレイなので、リメイクが待ち遠しい。それまでに漫画も読み返したい。


羅川真里茂「ましろのおと」
デビュー以来、少女漫画をメインに活躍してきた羅川さんが、少年誌に満を持して登場。
難しいジャンルでどう魅せてくれるのか。今後の展開に期待。

GAME OVER
GAME OVER
posted with amazlet at 11.01.02
水谷 フーカ
白泉社

水谷フーカ「GAME OVER」
表題作の「GAME OVER」が好きすぎて好きすぎて。楽園で読んだときからたまらんかった!
上で挙げた竹宮ジンさんにしろ、ホント楽園は好きな作品が多すぎる。

東京レイヴンズ (1) (角川コミックス・エース 309-1)
鈴見 敦 あざの 耕平
角川書店(角川グループパブリッシング)

鈴見敦あざの耕平「東京レイヴンズ」
「BBB」で知られるあざの耕平さんの最新作を、鈴見敦さんがコミカライズ。
鈴見敦ファンだったのが購入理由の一つなんですが、想像以上に面白かったです。原作も読みたい。


きぎたつみ「共鳴するエコー」
つぼみでの連載を集めた作品ですが、全部の話に繋がりがあったとは。気付かなかった(笑
非常に好きな作品ばかりでしたし、今後の作品にも期待ですね。


きづきあきら+サトウナンキ「エビスさんとホテイさん」
つぼみ初期に連載されていた作品で、きづき作品初の百合漫画になるのかな。
最初の出会いから、結末まで素晴らしい流れでした。ハッピーエンド最高。

マイガール 5 (BUNCH COMICS)
佐原 ミズ
新潮社 (2010-11-09)

佐原ミズ「マイガール」
バンチ休刊に伴い、完結してしまった作品ですが、いい作品でしたよ。
出来ればもう少し見たかったけど、これはこれで。コハルちゃんみたいな娘ほしいな。
プロフィール

こすけ

Author:こすけ
漫画読み。あとはプロデューサーで、ラブライバーで、たまに提督だったり。

Twitterはこちら

カレンダー(月別)
01 ≪│2011/01│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグクラウド
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Free Space
カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
オススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。