スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私的漫画ランキング2009成年部門。

第四弾は、成年部門。これで私的漫画ランキング2009も締めくくりとなります。
そして、やっぱり今回も5作品を選出。大体5~60冊くらい成年マーク付の漫画を買っていたと思われるので、割合的には完結部門や短編部門と変わらないくらいなのかな。

むちプリ (TENMAコミックス RiN): 有馬 侭: 本
有馬侭「むちプリ」(TENMAコミックスRiN)
09年に発売された作品の中では、一番好きだったかも。何故だか超好き。
半分くらいは大学生と女子高生(?)のラブラブエッチっぷりを描いた作品で面白かったです。
タイトル通りのむちっ娘で、非常に素晴らしい1冊を相成りましたね。

チューべろーず (メガストアコミックスシリーズ No. 208): フエタキシ: 本
フエタキシ「チューべろーず」(メガストアコミックス)
確か、フエタキシさんの初単行本。
作画の雰囲気としては、ヒロユキさんとかに近かったかなー。確か。変態男の描写とかが。
まぁ全般的に安心して読める出来でしたし、今後の活躍にも期待。

桃色たゆにずむ (WANI MAGAZINE COMICS SPECIAL): 久遠 ミチヨシ: 本
久遠ミチヨシ「桃色たゆにずむ」(ワニマガジンコミックススペシャル)
初めて購入した久遠ミチヨシさんの単行本でしたが、素晴らしかった!!
快楽天か何かで知って惚れ込んだ作者さんですが、久遠さんの描く作品はホント大好きですね。
今後ももっと精力的に活動して、単行本をたくさん出していただきたいものです。

ろり☆がぶぅ (TENMAコミックス LO): オオカミうお: 本
オオカミうお「ろり☆がぶぅ♥」(TENMAコミックスLO)
去年購入したLO作品の中では、一番好みだったかなー。そんなに買ってないと思うけど。
まぁ非常に可愛らしいというか、萌え系の絵柄ですが、実用度は高しですね。
かなり読みやすい作品でしたし、オオカミうおさんも今後の活躍には期待です。

PURE GIRL (メガストアコミックスシリーズ No. 237): 牧野坂シンイチ: 本
牧野坂シンイチ「PURE GIRL」(メガストアコミックス)
これも初単行本かな、確か。あれ?久遠さん以外、全員初単行本じゃねぇか。
まぁそれはさておき、メガストアらしい作品で、これも想像以上に良かったです。実用度抜群。
同日発売の鶴田文学さんも良かったし、コアマガジンは本当に層が厚いですね。次回作にも期待。
スポンサーサイト

私的漫画ランキング2009短編部門。

第三弾は、短編部門。
こちらも5作品を選出しました。ちょっと迷ったけど、結構選びやすかったかなー。

純水アドレッセンス (IDコミックス 百合姫コミックス): かず まこを: 本
かずまこを「純水アドレッセンス」(百合姫コミックス)
正直なところ、物語の内容はほとんど覚えていないのですが、印象だけは残っているので選出。
百合短編集としては、かなり個人的評価の高い作品だったかなー。
かずまこをさんは、最近楽園でも連載持たれたようですし、今後に期待ですねぇ。

放課後プレイ (電撃コミックス EX 電撃4コマコレクション): 黒咲 練導: 本
黒咲練導「放課後プレイ」(電撃コミックスEX)
私がこの作品を知ったのは発売後しばらくのことだったんですが、まだ去年のことだったのね。
ラブコメ好きとしてはご多分に漏れずハマったわけですが、彼女さん可愛すぎだろう。
黒咲さんも某氏の職権乱用(笑)により、楽園で活躍中ですし、続編ともに期待ですね。

ももんち (ビッグコミックススペシャル): 冬目 景: 本
冬目景「ももんち」(ビッグコミックススペシャル)
美大への進学を目指す浪人生を描いた物語。
スピリッツに季刊掲載くらいの連載だったんですが、ももが可愛すぎでした。
ちょっと物足りなかったですが、冬目景作品であることを考えると、ベストな長さだったかなぁ。

背伸びして情熱 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ): 仙石 寛子: 本
仙石寛子「背伸びして情熱」(まんがタイムきららコミックス)
表題作を含む、4コマの短編を収録した1冊ですね。
私は表紙に惚れて購入に至ったわけですが、中身の方もなかなかでした。
ただいろんな作品の詰め合わせになっていたので、今度は1巻以上続く長編が読んでみたいかしら。

伊藤さん―秋★枝短編集 (MFコミックス フラッパーシリーズ): 秋★枝: 本
秋★枝「伊藤さん 秋★枝短編集」(MFコミックス フラッパーシリーズ)
WEB上で連載されていた「伊藤さん」が単行本になって登場。
その他にも多数の短編が収録されたわけですが、改めて秋★枝作品に惚れ込みましたね。
本当にどれもこれも良かったですわ。メディアファクトリーには感謝感激雨あられですね!!

私的漫画ランキング2009完結部門。

第二弾は、完結部門。
こちらからは5作品を選出。4作品までは結構簡単に選べたけど、5つ目が結構迷った。あっちにするか、こっちにするか、それとも・・・で。

ストロベリーシェイクSWEET (2) (IDコミックス 百合姫コミックス): 林家 志弦: 本
林家志弦「ストロベリーシェイクSweet」(百合姫コミックス、全2巻)
素晴らしきバカ百合漫画。これぞ、林家志弦クオリティ。
1巻が出てから2巻が出るまでに非常に待たされましたが、いやはや待っただけの甲斐もありました。
ハイテンションな百合漫画好きには是非ともオススメ。

しゃにむにGO 31 (花とゆめCOMICS): 羅川 真里茂: 本しゃにむにGO 32 (花とゆめCOMICS): 羅川 真里茂: 本
羅川真里茂「しゃにむにGO」(花とゆめコミックス、全32巻)
テニス漫画の最高峰ですね!
恋愛要素の混ぜ込み具合も最高でしたけど、最高に感動しましたね。素晴らしかった。
結構長いですが、読んだことない人には是非一気に読んでもらいたい作品です。

陽だまりのピニュ 5 (ガンガンコミックス): こがわ みさき: 本
こがわみさき「陽だまりのピニュ」(ガンガンコミックス、全5巻)
これも何だかんだで結構長かった作品ですね。
こがわみさき作品は基本短編なので、正直ここまで続くとも思ってなかったですが。
非常にふんわりした雰囲気の作品で、なかなか楽しむことができました。

ふたつのスピカ 15 (MFコミックス フラッパーシリーズ): 柳沼 行: 本ふたつのスピカ 16 (MFコミックス フラッパーシリーズ): 柳沼 行: 本
柳沼行「ふたつのスピカ」(MFコミックス、全16巻)
「プラネテス」「MOONLIGHT MILE」と合わせて、三大近未来SF漫画と呼ばれた本作もとうとう完結。
3作品の中では一番現実に近い時代設定の作品だったと思われますが、いい感じに青春してましたね。
やー、本当丁寧に最後まで描かれましたし、SF好きなら読んで然るべきかと。

ひとひら 7 (アクションコミックス): 桐原 いづみ: 本
桐原いづみ「ひとひら」(アクションコミックス、全7巻)
演劇部を舞台にした青春漫画でしたね。
恋愛要素も多少はあったけど、やっぱり麦ちゃんの成長っぷりに乾杯!
正直、先輩らが引退した時点で終わると思っていたけど、ここまで続けたからこその素晴らしさでしたね。

私的漫画ランキング2009新作部門。

やっぱりやります私的漫画ランキング2009。
今回は第一弾ということで、新作部門から。
やっつけ仕事で、ささっと10作品選んでみました。大体、候補の10分の1かな?
とりあえず、今回は順番に意味はありません。全体的に見ると、本命不足な気もしますね。。もちろん、以下に挙げた作品群は面白いけど、爆発的に人気の出た作品ってない気がする。

んぐるわ会報 1 (ヤングガンガンコミックス): 高尾 じんぐ: 本んぐるわ会報 2 (ヤングガンガンコミックス): 高尾 じんぐ: 本
高尾じんぐ「んぐるわ会報」(ヤングガンガンコミックス、~2巻)
とある生徒会の日常を描いた本作品。
会長と松戸の関係が見ていて一番楽しいかなー。あの松戸のドMっぷりと言ったら(笑
ヤングガンガンの新人発掘能力は侮れませんな!

放課後のカリスマ 1 (IKKI COMIX): スエカネ クミコ: 本放課後のカリスマ 2 (IKKI COMIX): スエカネ クミコ: 本放課後のカリスマ 3 (IKKI COMIX): スエカネ クミコ: 本
スエカネクミコ「放課後のカリスマ」(イッキコミックス、~3巻)
スエカネクミコ作品なのに、変態じゃなくて驚いたww
クローンのみが集められた学園を中心に起こるサスペンスドラマと言ったところですかね。
この先、どのような方向に倒れていくか、楽しみにしておきたいところです。

プラナス・ガール 1 (ガンガンコミックスJOKER): 松本 トモキ: 本
松本トモキ「プラナス・ガール」(ガンガンコミックスJOKER、~1巻)
男の娘!男の娘!
あれだけ可愛かったら、男だっていいじゃない。男で何が悪い!
そんな風にいい感じに道を踏み外させてくれる作品です。(ちょ

ペンとチョコレート 1 (まんがタイムコミックス): ねむ ようこ: 本
ねむようこ「ペンとチョコレート」(まんがタイムコミックス、~1巻)
漫画家と編集者の恋物語。
まぁ、まだ始まってもいないんですが。。片思いになりかけ状態ってところかな。
雰囲気がもの凄く好みだったので、2巻以降にも期待ですねぇ。

うそつきパラドクス 1 (ジェッツコミックス): きづき あきら, サトウ ナンキ: 本
きづきあきら+サトウナンキ「うそつきパラドクス」(ジェッツコミックス、~1巻)
社会人のちょっとエッチな恋物語。
こういうお話には心底憧れるね!羨ましいにも程がある。こんな社会人生活送ってみたい!!
この先、2人の関係はどうなってしまうのか。非常に気になります。

まんがの作り方 (1) (リュウコミックス): 平尾 アウリ: 本まんがの作り方 2 (リュウコミックス): 平尾 アウリ: 本
平尾アウリ「まんがの作り方」(リュウコミックス、~2巻)
漫画家漫画で百合。
1巻も普通に面白かったですが、2巻になって更に面白くなっていましたね。
3人目の漫画家も登場してきて、彼女らは公私ともにどうなっていくのか。楽しみですねぇ。

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS): 天野 こずえ: 本
天野こずえ「あまんちゅ!」(ブレイドコミックス、~1巻)
言わずとしれた「ARIA」の天野こずえさんの最新作。
今度は舞台を日本に移しての、スキューバダイビング漫画でしたけど、1巻のつかみはさすが。
2巻以降でキャラが増えてくると思われますが、今度はどんな世界観を魅せてくれるのか。

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX): 森 薫: 本
森薫「乙嫁語り」(ビームコミックス、~1巻)
こちらは「エマ」の森薫さんの最新作。
毎度のことながら、森さんの描き込み量はパネェ。どんだけ作画に費やしているんだ??
そして、今回も趣味全開で楽しい限り。森さんは本当にド変態だね。(褒め言葉

LOVE SO LIFE 1 (花とゆめCOMICS): こうち 楓: 本LOVE SO LIFE 2 (花とゆめCOMICS): こうち 楓: 本
こうち楓「LOVE SO LIFE」(花とゆめコミックス、~2巻)
女子高生の子育て漫画。(ぇー
もうね、しはるたんが超可愛い。双子の子供も可愛いけど、それ以上にしはるたんが可愛い。
彼女にはこの先、本当に幸せになってもらいたいものです。

あめのちはれ 1 (B's LOG Comics): びっけ: 本あめのちはれ 2 (B's LOG Comics): びっけ: 本
びっけ「あめのちはれ」(B's LOGコミックス、~2巻)
TS漫画ですね。男の子が、とある日には女の子になってしまうという。
まぁ、恋愛要素はまだ弱めですけど、この先どうなっていくかは楽しみ。
個人的には、もっとハプニングとか期待したいところですw
プロフィール

こすけ

Author:こすけ
漫画読み。あとはプロデューサーで、ラブライバーで、たまに提督だったり。

Twitterはこちら

カレンダー(月別)
08 ≪│2010/01│≫ 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグクラウド
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Free Space
カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
オススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。