スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画ナツ100@2007。

だんげさん提唱の漫画ナツ100@2007。

前回のが完結、または連載中で20巻以上という縛りがあったのに比べると、今回は基本的にはジャンプ、サンデー、マガジン以外なら何でも良かったので選びやすかったかと。ただ、そうなってくると消去法で、ほとんどの作品が連載中というかまだ5巻も発売されてないものになってしまいました。まぁマイナーという点では、若干メジャーなの(バガボンドとか)も混じっているとはいえ、申し分ないリストになったんじゃないかなとは思いますが。。
あとで見返すと、あれも入れておけばよかったとか、そういやこの人の作品入ってないなー、マイナーならむしろこっちだろ!とか思うこともありますが、そこはもう気にしない方向で!!(w
とりあえず、選んだ結果については別ページ参照ということで、こちら。時間が足りなくて、まだリストしか作れてないですが、コメントなど書き足していけたらなと思ってます。

あと、集計用には別にCSVファイルを用意しましたので、こちらから。
そして、100作品を出版社別に並べると以下のようになりました。

宙出版-1作。
秋田書店-3作。
一迅社-2作。
エンターブレイン-1作。
太田出版-1作。
角川書店-7作。
幻冬社コミックス-4作。
講談社-14作。
集英社-6作。
小学館-11作。
少年画報社-5作。
新潮社-1作。
スクウェア・エニックス-7作。
白泉社-9作。
富士見書房-4作。
双葉社-3作。
芳文社-5作。
マッグガーデン-3作。
メディアファクトリー-3作。
メディアワークス-10作。

講談社が一番多くて、続いて小学館、メディアワークスと。講談社はやっぱアフタヌーン作品が多かったかなー、多分。意外と少なかったのが集英社。角川やスクエニ、白泉社より少ないですし。
グループ別で見ると、一橋(集英社、小学館、白泉社)がトップで、続いて角川(角川、富士見、メディアワークス)ですかね。
また、キャラクターの方は縛りがなかったので、新旧入り乱れ。
ぶっちゃげ、こっちの方が選ぶのが面倒だったというか、難しかったです。好きなキャラクターってのは当然いますけど、そんなに熱を上げているようなのは少ないので4,5人選んだ後が特に。
とりあえず、持っている漫画のリストを見ながら適当に出していったんですが、何だか微妙かも。(ぉ
スポンサーサイト
プロフィール

こすけ

Author:こすけ
漫画読み。あとはプロデューサーで、ラブライバーで、たまに提督だったり。

Twitterはこちら

カレンダー(月別)
07 ≪│2007/08│≫ 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグクラウド
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Free Space
カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
オススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。