スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私的漫画ランキング2006番外編。

さて、何となく思い立ったので、今年はこんな特集からスタートしようかと。ホントはすでに発表済みのランキングのみで終わるつもりだったんですが、他のサイトを見ているとやはり既刊の紹介が目立ったので。(w
そんなわけで、対象は2006年に発売された作品全て(ランキング候補作品除く)。
とりあえず、数を絞って10作品について適当に述べようかと思います。順番は作者の五十音順。
単行本メインで話進めますので、去年話題になっていてもまだ単行本が出てない分に関しては今年へ持ち越しで!

ひだまりスケッチ
ひだまりスケッチ
蒼樹うめ
早く2巻の感想を書かないといけないなと思いつつ、こんなことやってます。まぁ1巻が発売されたのが05年でしたので、1巻から読み直していたのですが、この雰囲気はやはり好きだなぁと思います。キャラが全然多くないのも覚えやすくてよいですよね。キャラの名前覚えてないけど。(ぇ
今年はアニメ化もされますし、ますます期待は大きいです。若干、制作チームに不安はありますが、原作の雰囲気を崩されないことを祈りましょう。

魔法先生ネギま!
魔法先生ネギま!
赤松健
【参考/13巻感想、14巻感想、16巻感想】
原作は非常に面白い展開だったと思います。
麻帆良武道会、そして超との対決。非常に少年誌らしい展開の連続で、毎週の連載が楽しみでした。
考えてみれば、この作品を集め始めてから、まだ2年経ってないんですよね。正直、最初の頃は「ラブひな」の影響で敬遠していたのですが、あれは失敗でしたね。勿体ないことをしていました。次の展開も気になりますし、今年も要注目です。

よつばと!
よつばと!
あずまきよひこ
【参考/5巻感想、6巻感想】
言わずとしれた名作。まだ記憶に新しいですが、サイン会にも参加できて、非常に楽しい1年でした。
しかし、この作品って老若男女楽しめる作品だとは思いますが、何となく中高生のファンは少なそうな感じが。子供は子供で結構身近な年代で楽しめるし、大人は大人で昔を思い出したり、子育て的な面で楽しめるんですが、中高生がそんな感情持つわけもないですしな。
まぁこれは何度読み返しても楽しいので、休みの間にもう一回読み直すかー。

恋愛ディストーション
恋愛ディストーション
/犬上すくね
【参考/5巻感想】
まさか、再びこの作品を手に取ることが出来るとは思っていませんでした。
今もなお、連載として復活し、物語は続いておりますが、少なくとも雑誌がなくなる前には完結することを祈っております。いや、雑誌がなくならないのが一番なんですけどね!
とりあえず、私もこの漫画を読んだ前後から、ずっとヒゲを伸ばしてます。誰か触って!!(キモイ

ONE PIECE
ONE PIECE
/尾田栄一郎
【参考/41巻感想】
あまりにもメジャーすぎるので、あまり感想を書くこともないのですが、06年のワンピは最高でした。CP9編というか、ロビン奪還編というか。。
単行本ではまだですが、色々な伏線も少しずつ回収され、3人目と7人目の仲間も誕生し、この長期連載において、ここまで盛り上がれるのは正直すごいです。今年もまだまだ見逃せず、次なる展開へ期待がかかります。

かしまし~ガール・ミーツ・ガール~
かしまし~ガール・ミーツ・ガール~
桂遊生丸+あかほりさとる
【参考/3巻感想、4巻感想】
05年の私的漫画ランキング1位を飾ったこの作品。
06年には「あのね商法」と呼ばれる悪評高い言葉を生み出すアニメが放送されましたが、個人的にはあれはあれで良かったと思います。
漫画の方はもうクライマックス直前であり、今年早々にも完結するかと思いますが、最後まで楽しみにしております。漫画では一体どのような展開を見せてくれるのか。。

青い花
青い花
/志村貴子
【参考/2巻感想】
百合と女装はこの世の中で一番大事だと思います!(ぇー
ということで、その片割れである百合漫画。ほんまもんのレズビアンというかバイセクシャルなんかも登場するのですが、これは非常にストイックな物語に仕上がっており、見ていて飽きません。レズではない女の子もおり、その子からの視点というか友達思いな部分も非常に素晴らしく!
今年3巻が出るかどうか非常に怪しく思いますが、出ることを期待していたいです。。

のだめカンタービレ
のだめカンタービレ
二ノ宮知子
【参考/14巻感想、15巻感想、16巻感想】
06年はドラマ化もされ、今年はアニメ化。アマゾンでも既刊が軒並みランク上位に位置し、その前から人気は十二分にあったはずなのに、やはりメディア展開による広がりの凄さには驚愕です。
一部では海外に渡って面白さも下火になったという声もあるようですが、いつかまた大きな節目というか、爆発的な展開を迎えてくれると期待しつつ、応援していきたいと思っています。やはり、この作品はのだめの破天荒さ、奇天烈さが売りだと思うので、そこに期待!
そういや、飲み会の席でのだめと千秋はやったかやってないかという議論があったのですが、どっかでそれっぽい描写なかったですっけ??とっくの昔にしっぽりしていると思っていたんですが。(最低

ブラック・ラグーン
ブラック・ラグーン
広江礼威
【参考/5巻感想、6巻感想】
これも06年にアニメ化されましたが、非常に素晴らしいアニメであり、原作好きとしても納得のいく代物でした。
原作の方もアニメに負けず劣らず、今年もより面白い展開を続けていって欲しいものです。
そして、何年後になるか分かりませんが、アニメの第三期を!(笑

エマ
エマ
/森薫
【参考/7巻感想】
考えてみれば、これも06年で一応完結しているんですよね。番外編がスタートしているそうなので、ランクから外していましたが。。
まだまだこれからが本当の苦難の始まりであるというところで終わりを迎えましたが、非常に良い作品だったと思います。
すっかり忘れていたアニメもとうとう第二期が決定したようで、そちらも楽しみですね。番外編の単行本も今から待ち遠しいです。

といったところで、07年最初の漫画話は幕を閉じたいと思います。
これから、すぐにでも昨年買った漫画の感想を次々と書き上げていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。
そして、まだまだ稚拙な文章で改善すべき部分は多いので、より面白い感想を書けるよう精進していきたいと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

こすけ

Author:こすけ
漫画読み。あとはプロデューサーで、ラブライバーで、たまに提督だったり。

Twitterはこちら

カレンダー(月別)
12 ≪│2007/01│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグクラウド
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Free Space
カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
オススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。