スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竹葉久美子「やさしいセカイのつくりかた(5)」



次巻で完結ということで、メインキャラクターの状況がどんどん変わってきてますねぇ。
悠くんはまだまだ鈍感だけど、次でどうなることやら??
例の彼女にフラれたという件も、イマイチはっきりしないしなー。

とりあえず、再び研究者として進む道は見えてきたようだし、
その前に日本での生活をどう区切りを付けるのか。
悠くんが何を選択して、未来へと進むのか非常に楽しみですね。

その一方で、選択されなかった人たちも出てくるはずなので、
その人達が未来をどう乗り越えていくかも。早く6巻読みたい。

公式Twitter:竹葉久美子
スポンサーサイト

赤星トモ「思春期シンドローム(2)」



学生って、いいなーと思う作品。

いろんな生徒の一場面を切り取って、各話描かれていますが、
まぁホント色んな人生があるんだなーと。
自分がその立場にいる頃には感じることはできなかったけれど、
おっさんになると、どうしてもね。。。この時代に戻りたいと思っちゃいますわ。

まぁ花ちゃんの視点は視点で、あれもよいものですが。

何はともあれ、高校生という世界も非常に上手く描かれているので、
3巻以降にも期待ですね。もっとみんなの青春を読みたい!

木尾士目「げんしけん 二代目の七(16)」



斑目モテ期突入のその後。

まぁ、モテ期観点でいうと、そんなに進展はなかったかなー。
とりあえず、4人中2人の本気度が伝わる場面はありましたが。

しかし、これの終着点はホントどこに持っていくのかしら?
確かに、波戸くんと斑目が普通に付き合うというのは性別の問題を考えると、
簡単にクリアする内容ではないんだよなー。
作中でも描かれていたけど、現実はBL漫画のようには行かないよね。

何にしても、まだまだこの辺の話は続くので、17巻も楽しみですね!

宮原るり「僕らはみんな河合荘(5)」



面白ッ。

4月からアニメも放送開始した本作ですが、5巻も安定して面白かったです。
宇佐くんの名前が出ていないことには気付いていなかったよ☆

しかし、林さんがいい感じにピエロを演じてくれて、律ちゃんを動かしてくれますねぇ。
律ちゃんを前にした宇佐くんはド変態以外の何者でもないけど、アレぞ男子高校生か。。。

その一方で、大人の女性であるはずの麻弓さんがね。。。
あの人、見た目は美人なのに、中身がねぇ。さすがに哀れみを覚える。(酷

何だかんだと書きましたが、5巻の見所はやはりチャーミーちゃん人形でしょうか。
あれはマジ怖い。きっと、あれを暗闇で見ると泣く。w

公式サイト:ヘッポコロジー
公式Twitter:宮原るり

羅川真里茂「ましろのおと(10)」



待望の最新刊が出ましたが、今回も非常に面白かった。

マニさんが自分の唄の伴奏に、雪を指名したところから、
ますます雪の苦悩が混沌化していくわけですが、まぁ面白い。

天才の中で育ち、世間との接点のないまま演奏を続けてきた雪が、
初めて一般社会に飲まれていく姿が見事に描かれていて、
そこに師匠気取りで雪の指導を行う大河さんがまたいい味出してますよねぇ。

あの人、ホントいい人ですね。
普段の行いの結果、思わぬところで各所から悪役化されてるけどw

そして、雪との伴奏を熱望するマニさんがこれまた可愛い。
羅川さんの描かれる女性キャラはホント素晴らしい人が多すぎですよ!
雪とマニさんの組合せが非常に好みというか、この2人でどこまで行けるのか。
続きが気になって仕方ないですね。

とりあえず、11巻では、まだまだマニさんの登場機会が多いと思うので、
雪との絡みをもっと堪能して、マニさんの可愛らしさを全面に出して欲しいです。

公式サイト:ぱりぱりまりもせんべぇ

ソウマトウ「ギリギリアウト(1)」



ギリギリアウトっていうか、完全アウトだと思います!w

ソウマトウさんは、現在となりのヤングジャンプで連載されている「黒」で知ったんですが、
こういう作品も描いていたんですねー。発売されるまで気付いてなかったです。

正確には「黒」の雰囲気と異なったのが同一人物だと気付かなかったってところかな。

この作品は、最近多いおもらし系作品となります。頭オカシイです。
「黒」は結構ホラー系の作品だったので、こんな頭オカシイ人だったなんて。。。(褒め言葉

しかし、序盤は正直ちょっと微妙かなぁ?と思ったりしたわけですが、
1巻後半くらいの展開から、ラブコメ要素が強くなってきて非常に面白かったです。
何よりも女の子キャラが可愛い!可愛いは正義!!

可愛い女の子が変態で、そして赤面する様は最高ですね!
2巻以降、もっと変態性を全面に出していけばいいと思います。(小並感

公式サイト:まよいばし
公式Tittwer:ソウマトウ

真田ジューイチ「危ノーマル系女子(2)」



かつてカトウハルアキだった真田ジューイチが描く・・・何だろう?

1巻の時点で、主人公となる秕シンヤの周りにいる数々の女性陣が描かれたわけですが、
2巻では彼女たちの異質さが更に際立つ展開でしたねぇ。

いや、何よりも異質なのは、やっぱシンヤくんその人なんでしょうが。

まぁ面白かったのは事実なんですが、何でしょうね、これ。
ラブコメってわけでもないし、イマイチどういうジャンルなのかはっきりしない。
なので、3巻ではどういう話が描かれるか、全く想像できないなー。

あぁ、でも、異常性という意味では「悪の教典」っぽい雰囲気は感じましたね。
続きがどうなっていくのか、非常に楽しみです。

あと、「ヒャッコ」の続きをどうにかしてください。

公式Twitter:真田ジューイチ

アサダニッキ「ナビガトリア(2)」



大人な恋愛してるなーという感じですね。

島根を舞台にした本作品もようやく2巻が出たわけですが、面白かった。

東京から離れ、島根に根を下ろそうとしているこよりさんがホントいい味出してる。
彼女がやってきたことで、野々村家の状況がどんどん変わってきていて、すごい効果出してますよねw

まぁ、昭との関係はイマイチ進展が見られませんが、そこはゆっくり進めてもらってもいいかな。
3巻も非常に楽しみですわ~。

公式サイト:天百
公式Twitter:アサダニッキ

葉賀ユイ「ロッテのおもちゃ!(9)(完)」



本作品もこれで完結と。
最後の方は結構駆け足な感じがしましたけど、まぁ丸く収まったといえばそうなのかな。

しかし、直哉のあの設定は何だったのだろう?

消化不良な部分は少なからずありますけど、まぁいいか。
そのうち、1巻から読み返したいですねー。

公式Twitter:葉賀ユイ
プロフィール

こすけ

Author:こすけ
漫画読み。あとはプロデューサーで、ラブライバーで、たまに提督だったり。

Twitterはこちら

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグクラウド
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Free Space
カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
オススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。