スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤星トモ「思春期シンドローム(2)」



学生って、いいなーと思う作品。

いろんな生徒の一場面を切り取って、各話描かれていますが、
まぁホント色んな人生があるんだなーと。
自分がその立場にいる頃には感じることはできなかったけれど、
おっさんになると、どうしてもね。。。この時代に戻りたいと思っちゃいますわ。

まぁ花ちゃんの視点は視点で、あれもよいものですが。

何はともあれ、高校生という世界も非常に上手く描かれているので、
3巻以降にも期待ですね。もっとみんなの青春を読みたい!
スポンサーサイト

木尾士目「げんしけん 二代目の七(16)」



斑目モテ期突入のその後。

まぁ、モテ期観点でいうと、そんなに進展はなかったかなー。
とりあえず、4人中2人の本気度が伝わる場面はありましたが。

しかし、これの終着点はホントどこに持っていくのかしら?
確かに、波戸くんと斑目が普通に付き合うというのは性別の問題を考えると、
簡単にクリアする内容ではないんだよなー。
作中でも描かれていたけど、現実はBL漫画のようには行かないよね。

何にしても、まだまだこの辺の話は続くので、17巻も楽しみですね!

羅川真里茂「ましろのおと(10)」



待望の最新刊が出ましたが、今回も非常に面白かった。

マニさんが自分の唄の伴奏に、雪を指名したところから、
ますます雪の苦悩が混沌化していくわけですが、まぁ面白い。

天才の中で育ち、世間との接点のないまま演奏を続けてきた雪が、
初めて一般社会に飲まれていく姿が見事に描かれていて、
そこに師匠気取りで雪の指導を行う大河さんがまたいい味出してますよねぇ。

あの人、ホントいい人ですね。
普段の行いの結果、思わぬところで各所から悪役化されてるけどw

そして、雪との伴奏を熱望するマニさんがこれまた可愛い。
羅川さんの描かれる女性キャラはホント素晴らしい人が多すぎですよ!
雪とマニさんの組合せが非常に好みというか、この2人でどこまで行けるのか。
続きが気になって仕方ないですね。

とりあえず、11巻では、まだまだマニさんの登場機会が多いと思うので、
雪との絡みをもっと堪能して、マニさんの可愛らしさを全面に出して欲しいです。

公式サイト:ぱりぱりまりもせんべぇ

アサダニッキ「ナビガトリア(2)」



大人な恋愛してるなーという感じですね。

島根を舞台にした本作品もようやく2巻が出たわけですが、面白かった。

東京から離れ、島根に根を下ろそうとしているこよりさんがホントいい味出してる。
彼女がやってきたことで、野々村家の状況がどんどん変わってきていて、すごい効果出してますよねw

まぁ、昭との関係はイマイチ進展が見られませんが、そこはゆっくり進めてもらってもいいかな。
3巻も非常に楽しみですわ~。

公式サイト:天百
公式Twitter:アサダニッキ
プロフィール

こすけ

Author:こすけ
漫画読み。あとはプロデューサーで、ラブライバーで、たまに提督だったり。

Twitterはこちら

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグクラウド
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Free Space
カウンター
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
オススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。